3月2日水曜日


こんばんは Hana です。


女性の健康習慣2日目

ということで、今日は女性だけではなく、

男性にも知って置いて欲しい

大切なこと” をシェアさせていただければなと思います。

 

なので、最後まで読んでいただけたら嬉しいです😊

 



皆さんプレコンセプションケア

というのを聞いたことがありますか?


プレ(pre)は「〜の前の」、
コンセプション(conception)は「受精・懐妊」で、

プレコンセプションケアは

妊娠前の健康管理」という意味。




これには、3つの目的があるとされています。

若い世代の健康を増進し、より質の高い生活を実現してもらうこと

②若い世代の男女が将来、より健康になること

③ ①の実現によって、より健全な妊娠・出産のチャンスを増やし、次世代の子どもたちをより健康にすること




日本では、妊娠死亡率がが劇的に

減少した一方で、

 

女性が持つ “リスク因子” が原因とされる

 [先天異常] [低出生体重児等] は減っていません。



リスク因子としては、

やせや肥満、喫煙、持病、高齢などが考えられており、

これらに該当する女性が妊娠した場合

流産早産2500g未満の低出生体重児

先天異常などの発生頻度は、通常よりも高くなります。

 


胎児の心臓は受精後22日で拍動を始めるため、

妊娠に気づいてからのケアを始めるの

では遅いというのが事実。

 

 

だから、プレコンセプションケアは、

妊娠を考えている女性だけではなく、

思春期以降、妊娠可能な全女性

必要なものなので、女性の健康を支える、

家族、パートナーにも理解して置いて欲しいのです。

 



私たちが日常的
始められる生活習慣ってなんだろう?

  1.  適正体重を守ろう
  2. 栄養バランスを整えよう
  3. 適度に運動しよう
  4. 禁煙または受動喫煙を避けよう
  5. アルコールは控えめに
  6.  ストレスは溜め込まないように



その他にも、若くても健康診断を受け、

病気の治療は早めに。


また女性は20才から2年に1度

子宮頸がん検診も推奨されています。




私自身も、

母が一度子宮頚がんになっているし

小さいころからお世話になっている

母の幼馴染も子宮癌になった過去があるので



決して人ごととして

捉えてはいけないと思っています。



実際に妊娠・出産をするのは女性ですが、

男性が正しい知識を持って

適切に行動することも、

女性や赤ちゃんの健康を守ることにつながります。




プレコンセプションケア、みんなで大切にしよう。


______________________________________

女性の健康習慣とは、”女性が生涯を通じて健康で明るく、充実した日々を自立して過ごすことを総合的に支援する” ため、厚生労働省が毎年3月1日~8日までを「女性の健康週間」と定め、女性の健康づくりを国民運動として展開しています。

 

 

 

Pantyliners Organics - Hana